企業案内

当社の取り組み

アスノシステムでは企業の社会的責任を重視し、多くの方に信頼を得ることのできる会社を目指しております。

その一環としてISO認証取得を推進し、現在では東京、大阪、和歌山、京都での取得を果たしており、2010年8月にISMSの取得となりました。企業としての成長を目指し、今後も引き続き各種認証に取り組んでまいります。

情報セキュリティ基本方針

ネットワーク社会の進展は、事業活動の効率性の向上に大きく寄与していますが、反面、個人情報等の漏えいといった危険性の増大を招いており、今後、企業にとって、情報セキュリティがますます重要な課題と認識しております。

MCEAグループ(以下「当グループ」という)は、お客様との信頼関係の上に成り立っています。当グループがお客様の信頼を保持し、より良いサービスを提供していく上で、お客様の情報および会社の情報資産(情報および情報システムを指す)について、紛失、盗難、破壊、不正アクセス等の脅威から守るため、次のとおり情報セキュリティ基本方針を策定し、安全かつ適正な情報セキュリティ対策を実施します。

1.当グループは、情報セキュリティをコンプライアンス活動の一環として実施いたします。

2.当グループは、各支店に情報セキュリティの担当者を選任し、情報セキュリティポリシーの具体化を図る責任と権限を与え、情報セキュリティを確実に実施いたします。

3.当グループは、情報資産の保護を図るため、適切な物理的セキュリティ対策を実施し、情報資産の安全を確保いたします。

4.当グループは、情報資産の安全かつ適正な管理、運用を推進するため、リスク評価基準及びリスクアセスメントを含むマネジメントシステムを確立し、定期的にその見直しを行うとともに情報システムの機密性、完全性、可用性を確保いたします。

5.当グループは、情報セキュリティの意識と技術の向上を目的に、経営陣、従業員(契約社員、アルバイトを含む。)、協力会社の社員に対し教育・研修を継続的に実施いたします。

6.当グループは、お客様との契約に基づくセキュリティ義務による要求事項、個人情報保護法等の情報セキュリティに関する法令、規格その他の規範を遵守いたします。

7.当グループは、情報セキュリティ事故の予防に万全を尽します。なお、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。

ISO 27001

2013年10月1日
MCEAグループ
経営者 齋藤 光仁

ISO9001品質方針

アスノシステム株式会社は、下記の宣言に基づき、顧客からのニーズにふさわしいサービスを誠意をもって提供し、顧客満足度の向上に努めます。当グループの経営理念に基づき、品質方針を次のとおり定めます。

1.顧客満足度を上げる商品の品質向上を実現する為、顧客からの要望クレームを吸収し、持続的な改善活動を実践し続ける。

2.全社員で夢の有る未来志向型企業を目指し、その実現のためにグローバル化、小集団ネットワーク、オンリーワンをキーワードに変化に強い組織を目指す。

3.企業が持続的に成長する上で、組織を構成する人材の教育は不可欠である。職務レベルに応じた人材教育を実施し、組織力の向上を目指す。

ISO 9001

2011年6月1日
アスノシステム株式会社
代表取締役社長 齋藤 武育

ISO14001環境方針

アスノシステム株式会社は、情報サービス産業の一員として、情報化社会の健全な発展に貢献する為に、経営理念に基づき地球環境と事業活動の両立を目指します。

1.限りない技術革新の夢を具現化し情報を加工・販売することで、お客様の環境保全に有効なシステムの提供に努めます。

2.すべての業務において、省資源、省エネルギーを推進します。

3.緊急事態に対応した社内体制の構築に努めます。

4.環境目的及び目標を設定し、その達成に努め、継続的改善を図ります。

5.関係する環境の法的要求事項、及び当グループが同意するその他の要求事項を遵守し、汚染の予防及び環境保護に努めます。

6.この方針は、全従業員に周知させ、社外へも公開します。

ISO 14001

2011年6月1日 策定
2016年9月1日 改定
アスノシステム株式会社
代表取締役社長 齋藤 武育